IMG_1559youtube2020.jpg

月の沙漠コンサート (主催公演)

ウードという楽器をご存知でしょうか。

ササン朝ペルシアを起源に、アラブ世界では「楽器の女王」と賞され
現代でもたいへん人気のある撥弦楽器※です。
アラビアンナイトにも登場するウードの魅惑の調べは、
シルクロードを通って西方へ渡り、リュートに、そしてギターに、
東方に渡り、琵琶になったと伝えられています。

月の沙漠コンサートでは
ウードが奏でる久遠の調べに
縁の糸で結ばれた楽器たちの味わい深い音色に
いつの世もそれら楽器たちと寄り添う歌の色香に
一河の流れを感じて頂けることでしょう。

私たちは、月の沙漠コンサートをメインイベントに、様々な企画で
ウードをはじめ、撥弦楽器の魅力をご紹介致します。

※撥弦楽器  何らかの方法で弦をはじくことによって音を出す楽器の総称

Desert of the Moon…. From Persia to east and west: a trip of the strings across the Silk Road….
Oud; the queen of instrument  that  Arabian king loved. They say that its fascinating melody had travelled across the Silk Road,   
moved west, and it later transformed into lute, guitar, and to east, biwa.
At the Desert of the Moon Concert, you will definitely
feel the flow of a river through the eternal melody of oud, the deep sound of the instruments tied with a green string, and the color of  the voice that goes along them.

過去の公演

 

2012年9月30日 第一回月の沙漠コンサート 自由学園明日館講堂

2013年9月15日 第二回月の沙漠コンサート 自由学園明日館講堂

2014年9月28日 第三回月の沙漠コンサート 自由学園明日館講堂

2015年9月27日 第四回月の沙漠コンサート 求道会館
後援:日本アラブ協会

2016年10月2日 第五回月の沙漠コンサート 求道会館
後援:日本アラブ協会

2017年10月1日 第六回月の沙漠コンサート 自由学園明日館講堂
協賛:コスモエネルギーホールディングス
後援:チュニジア大使館、エジプト文化・教育・科学局、日本アラブ協会

2018年10月14日 第七回月の沙漠コンサート 自由学園明日館講堂
ゲストプレイヤー: 大谷環(ギター)、竹本彩乃(遠野弁語り)
協賛:コスモエネルギーホールディングス
後援:アラブ首長国連邦大使館、チュニジア大使館、エジプト文化・教育・科学局、日本アラブ協会

2020年10月17日 月の沙漠プレミアムコンサート 自由学園明日館講堂
ゲストプレイヤー: 北川翔(バラライカ)、嵯峨治彦(馬頭琴)
後援:チュニジア大使館、エジプト文化・教育・科学局、日本アラブ協会
「アートにエールを!東京プロジェクト(ステージ型)」採択作品

写真ギャラリー

 

1/2
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 月の沙漠 project