ペルシアから東西へ~シルクロードを行く弦の旅

月の沙漠コンサート                      

 

              

                                

    

                                  ENTER      

          

    ペルシアから東西へ~シルクロードを行く弦の旅~・・・・・アラビアの王も愛した楽器の女王、ウード。

    魅惑のその調べは、シルクロードを通って西方へ渡り、リュートに、そしてギターに。

    東方に渡り、琵琶になったと伝えられています。

    月の沙漠コンサートでは、ウードが奏でる久遠の調べに、縁の糸で結ばれた楽器たちの味わい深い音色に、

    いつの世もそれら楽器たちと寄り添う歌の色香に、一河の流れを感じて頂けることでしょう。

 

    

    Desert of the Moon. From Persia to east and west a trip of the strings across the Silk Road.

    Oud; the queen of instrument  that  Arabian king loved. They say that its fascinating melody had travelled across the Silk Road,   

    moved west, and it later transformed into lute, guitar, and to east, biwa. At the Desert of the Moon Concert, you will definitely

    feel the flow of a river through the eternal melody of oud, the deep sound of the instruments tied with a green string, and the

    color of  the voice that goes along them.